第220話 レッドリスト

「歴史に罪はつきものだ。人が生まれながらに背負う罪。オリジナルシン原罪。それに七つの大罪」

 九久津がそう言ったあとに、七つの大罪、新七つ大罪、社会的七つの大罪ひとつひとつを指折り数えてく。

 両手でも足りないのかその罪の数は。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【七つの大罪】

1、傲慢の罪

2、憤怒の罪

3、嫉妬の罪

4、怠惰の罪

5、強欲の罪

6、暴食の罪

7、色欲の罪

【新七つの大罪】

1、遺伝子改造

2、人体実験

3、環境汚染

4、社会的不公正

5、貧困

6、過度な裕福さ

7、麻薬中毒

【社会的七つ大罪】

1、理念なき政治

2、労働なき富

3、良心なき快楽

4、人格なき学識

5、道徳なき商業

6、人間性なき科学

7、献身なき信仰

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 二十一世紀もまだ序盤なのに、すべての罪を合わせるともう二十一個もある。

 そこに原罪をたすと二十二個か。

 世界が終焉おわるまでに、人はあとどれだけ罪を重ねる?

 新七つの大罪と、社会的七つ大罪、それはそのまま、現在の世界情勢そのもののように思えた。

 そして俺だってそのなかのいくつかには加担してる。

 俺だけじゃない、いまこの世界にいる人すべての人は、必ずどれかに関係してる。

 案外、蛇ってのも人間の罪が負力となって生みだしたアヤカシだったりして、そうなると蛇の暗躍は、そのまま人間のカルマってことになる。

 さっき九久津は――好き勝手やってる人間に復讐してるんじゃないかと……。とも

言ってた。

 それって結局、人間の側にもアヤカシに復讐される心当たりがあるってことだよな?

 

 たしかに日本にはアヤカシを疎外したりする民話や昔話も多い、アヤカシにだって絶滅種もいるだろう。

 九久津の憶測もあながち間違いじゃないと思えた。

 

 「あの、アヤカシにもレッドリストってあるんですか?」

 「当然よ」

 おう、社さんの反応が早い。

 俺の質問に即答だった。

 「から傘オバケなんかがそうね」

 「あっ、そっか、もう”から傘”なんて使う人がいないから、みんなイメージしなくなるね?」

 「そう、必然的に消えていく運命。誰も思い浮かべなくなるから。まるで希少動物のように」

 「ほんとに。そのまま動物が当てはまるね」

 「動物の生態系も変わってきてるって言うわ。タテガミを捨てたライオンがいたり絶対に交わらない動物の交配種が生まれりもしてるそうよ」

 「それって環境の悪化?」

 「環境の悪化とも。時代の変化とも呼べるかもしれない。世界中で外来種問題が起こってるように」

 「在来種や外来種なんてのは、ある期日を境にして存在してたのかしてないか

ってだけだ。地球規模で考えればぜんぶ在来種、すべてはせいぶつなんだ。それでワーワー騒いでるのは人間だけだし、そうさせたのも人間だ」

 寄白さんは核心をつく。

 たしかにすべての大陸はかつてひとつだった、超大陸パンゲア。

 それが地殻変動を繰り返して、いまの六大陸になった、そのさいの火山活動で絶滅した海洋生物も多いって話だし。

 でも、まだある。

 俺たちが今日、はじめてその存在を知った大陸が。

 ソーンオブデス、世界のゴミ箱、そうジーランディア大陸。

 これにだってなにかの罪名ざいめいをつければ、なにかの罪になるはず。

 逆に、さっきの二十二個の罪に罪状を当てはめることだってできる。

 生物の生態系を破壊することはどんな罪だ。

 新七つの大罪の【環境汚染】か?

 でも寄白さんがその弁護士なら――地球で考えればぜんぶ在来種。って反論で無罪を主張できる。

 どっちの立場に立つかよってこの問題の見方は変わる、それは視野の広さともいうのか。

 日本に定着したセアカゴケグモ、ほぼ定着と呼べるヒアリも最初から日本に住んで

れば誰も驚かなかっただろう。

 だって最初から居た・・・・・・んだから。

 

 日本にスズメバチがいなくてそれが初上陸したなんて考えればそっちのほうが脅威的だよな、毒を持った上にさらに飛翔能力まで備えてる。

 きっと生物にとっちゃ、住みやすい家があるから引っ越してきましたってくらいのことなんだろう。

 住みやすいとろに引っ越すのも人間と同じだ。

 どんな生物にもあるんだろう、快適を望む欲みたいなものは。

 「美子の言うことはもっともだけど。アヤカシの場合は時代に即した新種が生まれるから。細菌レベルならまだしも、動物だとそうはいなかないわよ」

 「あっ、社さん、俺もその話は知ってる。校長の資料で読んだから。スレンダーマンだっけ?」

 「そう。ここ最近、産声を上げたアヤカシ。これからも電子機器の経由のアヤカシは増えていくかもしれないわね」

 いかもにも現代的な新種誕生だ。

 そういう見方をすれば、蛇が絶対悪なのかって疑問も湧くな。

 って、俺が蛇の肩を持ってどうする、俺らのちかくでメチャクチャやってるやつなのに。

 でも、事態は悪化してってるってことだよな、あっ、それは世界の行く末も同じか。

 これがスイーツパーラーでエネミーの言ってた暗雲?とも、連想してしまった。

 でも……関係ないか。

 人はなんとなく、そんな印象的なことを記憶に結び付けてしまうから。

 俺はさっきカラオケ店でも暗雲と結びつけた、ってことは不穏な出来事ならぜんぶ当てはまるってことになる。

 蛇は人類すべての敵? 立場を変えて見れば、人間以外のすべての生物の味方?

 でも、そんなやつが金銭目的で動くか?