第23話 上級アヤカシ 鵺(ぬえ)

――――――――――――

――――――

―――

 林のなかを駆ける、寄白繰と九久津毬緒の兄、九久津堂流くぐつどーる

 九久津毬緒に似た美男子ですぐに兄弟だとわかる容姿をしている。

 九久津よりも少しだけ身長が高く百八十センチほど。

 九久津よりすこし髪が長く、女性のようにレイヤーとシャギーが入っている。

 キリリとした目には冷静さが伺えた。

 「堂流。あれ、ぬえじゃない?」

 繰はただならぬ気配に立ち止った。

 草むらには、急に止まった足跡がくっきりとついている。

 「なんであんなハイレベルのアヤカシが?」

 付き従う堂流も繰の一歩後ろで立ち止まった。

 自分たちから、すこし先にいる小さな人影に気づく。

 「繰さん近くに子供がいます」

 「えっ?!」

 驚く繰をよそに沙田ははしゃいでいた。

 両手で握りこぶしを作って――スゲー!! きょ、恐竜だ~!!と興奮をおさえきれずにいる。

 サルの顔にタヌキの胴体、トラの手足で尾はヘビといわれる鵺。

 沙田は子供ながらにとてつもない経験をしている自覚があった。

 そしてついに興奮がピークに達した。

 「おお!!」

 「鵺を恐竜と勘違いしていますね……?」

 「子供は無邪気でいいわね。ふぅ~?」

 繰は溜息をつき、あきれ果て肩を落とした。

 上級アヤカシと遭遇した子供がヒーローアトラクションのごとく、はしゃいでいたからだ。

 しかもあろうことか、裸足で地雷原を歩くほどの危険な相手に対して。

 繰はいまだかつてこんな光景に遭遇したことはなかった、どんな現場に訪れてもそこには金切声かなきりごえを上げ、恐れおののく人たちしかいなかったから。

 「美子ちゃんと同い年くらいでしょうか?」

 「それなら毬緒くんだって同じ歳でしょ? ってそんなこと言ってる場合じゃないわ。相手は鵺よ?」

 「どうします?」

 「アヤカシに襲われそうな子供を放ってはおけないでしょ?」

 「そうですね。じゃあ、俺が……待ってください。なにか気配が……」

 堂流は肢体したいを動かさず視線だけを流した。

 ピンポイントで狙いを定めて振り向く。

 「繰さん。あれ」

 その方向に視線を向ける繰。

 「えっ?! あ、あの少年と同じ顔」

 雑木林のなかにいる沙田に似た少年は、鵺に向かっておもむろに手をかざした。

 ジャンケンのパーの形が鵺を捕らえている、瞬間、ソニックブームのように空気が歪むと、なにかの衝撃波が木々をも巻き込み、あたりを割いた。

 轟音とともに鵺の腹部に衝撃波が命中すると、鵺はそのまま落水した。

 鵺はなにが起こったのか理解できぬまま、すこし遅れてきた痛みに身をよじらせバシャバシャと水飛沫を上げている。

 体をバタバタと回転させてもがき苦しむ鵺。

 「うわ~この恐竜は空も飛べる水棲恐竜か。図鑑で見たことあるぞ!! プレシオサウルスの仲間かな~。なんか苦しんでる?! あっ、淡水だから? じゃあ、この恐竜は海水で生きれるんだ~?!」

 無邪気な沙田は危険なアヤカシだとも気づかずに水際まで近づいた。

 子供ならではの無謀さで、怖がる素振りさえない

 ――グウァァ!! 唸り声をあげる鵺。

 未だに噴水のように飛沫を飛び散らせている。

 口角から流れでた血は、液体にぽとりと落とした絵の具のように、じょじょに池を染める。

 自身が吐きだした赤い水に鵺の体躯がどっぷりと浸っていく。

 「あれは、ツヴァイ?」

 繰は疑問符を宙へ投げかけた。

 「あの少年が発現させたの……?」

 繰の言葉が音として成立するより早く、林のなかからもう一発、黒い衝撃が鵺に向かって放たれた。

 光の速度で空を切る、つまりは音速を超えた衝撃波だ。

 黒い衝撃波は池を転げまわっている「体の中心タヌキ」を的確に射抜いた。

 ジュワ、木炭すみに水をかけたような音とともに、鵺は悲鳴もなく蒸発するように消え去った。

 「……なんて強大な力なの? あの子が高校生になる頃にはきっと……」

 草むらにある虫カゴに目をやる繰。

 “沙田雅”という漢字とふりがなの“さだただし”という名前が黒いマジックで大きく書かれていた。

 おそらく母親が書いたであろう大人の字で。

 (沙田雅……さだただし……サダタダシ……これは御名隠みなかくしかも……)

 「繰さん鵺は消滅しました。行きましょう?」

 「ええ。ところで今日の相手は?」

 「人体模型が網タイツをかぶりスエットを着て下半身丸だしで走っているそうです。それも六体」

 「変態ね?!」

 「ええ通報時も変態・・メタモルフォーゼ変態編隊・・を組んでいると言ってました」

 「なんなのその通報は……」

 「ギャグですかね……?」

 「ま、まあ急ぎましょう」

 「はい!!」

 ――――――――――――

 ――――――

 ―――




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください